アメリカの対カナダ針葉樹製材、相殺関税、アンチダンピング関税について

先週、米国商務省よりカナダの針葉樹製材に対するCVC(相殺関税)とAD(アンチダンピング関税)の最終決定が発表されました。
それによると、ほとんどのカナダの生産者は、アメリカ向けのランバーに対して合計で20.83% (CVC-14.25% AD-6.58%)を支払うことになります。
この数字は、前回暫定的に掛けられた 26.75%よりも低い数字となっております。

また、この関税はすぐに課税が始まるわけではなく、アメリカ国際貿易委員会(ITC)による承認を経て発効となります。
ITCによる、決定は12/18に下される予定となっており、決まればその後、1週間程度で課税がスタートする見込みです。

検品情報 WRC / HEM CLR

先週検品しました、WRCとHEM CLRの写真を載せておきます。

1. WRC RGH KD #2&Btr CLR 2×4
IMG_1639
IMG_1638
IMG_1640

2. HEM RGH KD C&Btr CLR 5×5
IMG_1642
IMG_1643
IMG_1644

3. HEM RGH KD C&Btr CLR VG 32mm x RW
IMG_1647
IMG_1646
IMG_1648